読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

ディズニー映画「モアナと伝説の海」の関連商品にNZ先住民マオリが怒り マオリの文化と問題の商品

SPONSORED LINK

f:id:oraise:20160921150028j:plain

 

ディズニーの新作映画「モアナと伝説の海」の日本での公開は来年2017年3月10日です。

 

話題に新作映画ですが、「アナと雪の女王」の驚異的な大ヒットを起こしたディズニー映画だけに期待も大きいですよね。

 

「モアナと伝説の海」は、南太平洋を舞台にするアニメーションムービーですが、この関連商品に遠く離れたニュージーランドの先住民マオリから非難の声が上がっています。

 

でも、なぜマオリが?

 

という疑問を持つ方もいるでしょう。

 

問題の商品と、マオリの文化にはどんな関係があるのでしょうか?

 

SPONSORED LINK

 

マオリの怒りをかった問題の商品はこれ

 

ディズニーの新作映画の「モアナと伝説の海」の関連商品に、ニュージーランドの先住民マオリ族が非難をしています。

 

問題の商品はコレ。

出典 ディズニー映画「モアナと伝説の海」の関連商品が問題に?

 

子供がハロウィンのコスチュームとして販売されています。話題の映画ですし、ちょうどハロウィンの時期ですからね。

 

特徴としては、全身のタツゥー、褐色の肌、草のスカート、骨のネックレスです。

 

タツゥーは、マオリ族の文化の一つですが、こんな全身のタツゥーであれば、少なくとも日本の公衆浴場は入浴禁止になりそうです。

 

日本の入れ墨・タツゥー禁止の日本の公衆浴場もちょっとした国際問題になっています^^;

 

南太平洋を舞台にするディズニーの映画が、ポリネシアなどの南太平洋に浮かぶ島々から批判があるならわかるのですが、なぜ南半球のニュージーランドから非難の声が上がったのでしょうか?

 

 

マオリ族はニュージランドに移住してきた

 

ニュージランドの先住民マオリは、元々はポリネシアなど地域が起源だといわれています。

 

ポリネシアからアオテアロアという現在のニュージーランドに移住した人たちが、マオリ族です。

 

近代になって、そこに現れたのがイギリス人です。

 

1840年のワイタンギ条約で、マオリはニュジーランドの主権をイギリスに譲っています。

 

ニュージーランドは白人の国というイメージを持つ人も多いと思いますが、歴史的にはこんな背景があります。

 

簡単に言うとイギリスが征服したということです。

 

ニュジーランドというと、イギリスの文化の色濃いものがたくさんあります。

 

公用語が英語なのもその一つでしょうし、欧州のような町並みの都市もたくさんあります。

 

 

ニュージランドではマオリの文化も残る

 

白人が征服したニュジーランドですが、原住民にも一定の配慮をしたため、今でもマオリの文化はニュージーランドで残っています。

 

まずマオリ語ですが、英語とともにニュージーランドの公用語になっています。

 

「モアナと伝説の海」のハロウィンコスチュームの特徴でもある、タツゥーもマオリの文化です。

 

日本でもマオリ語の講師が、北海道の温泉に入浴できなかったことで問題となっています。

 

温泉の入れ墨禁止も文化といえばそれまでですが、禁止の趣旨はマオリの入れ墨とはちょっと異なるので、柔軟な対応は必要だったかもしれません。

 

さらに有名なのは、「ハカ」です。

 

元々はマオリ族の戦士が戦いの前に行う舞です。相手を威嚇するためのものです。

 

現在は、ラグビーニュージーランド代表オールブラックスが試合前に行うことでも有名です。

 

 

とにかく大迫力です!

 

さらに独特な彫刻も有名で、言葉を持たなかったマオリ族が、歴史を記録するためや自然信仰など様々な意味があります。

 

こんな感じで、マオリ族はいまなおポリネシアに住んでいた頃からの伝統を大切に残しています。

 

ですから、自分たちの文化に対しても強い思い入れがあるのです。

 

ディズニーも他のポリネシア地域の人たちの意見を聞いて、ちょっと慎重な態度が必要かもしれません。

 

アメリカは少数民族や原住民に対しては、いくぶん配慮している国です。

 

最近ではあまり使われなくなりましたが、アメリカの先住民を「インディアン」と呼んでいました。

 

コロンブスが新大陸をインドと間違えてたという名残ですね。

 

でも、最近では「ネイティブアメリカン」と呼びます。

 

ネイティブアメリカンの居住地がしっかりと保護されている場所もあります。

 

そんな国の象徴ともいえるような影響力の強いディズニーですから、今後はどんな対応をするのかは見ものです。