読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

SUICAがアップルペイに対応 日本国内で販売のものが限定でちょっと心配

SPONSORED LINK

f:id:oraise:20160908151828j:plain

 

SUICAがアップルペイに対応することになりました。

 

Iphoneが好きだけど、おサイフケータイが使えないからアンドロイドを使っていたなんて人にとっては朗報ですよね。

 

Iphone7に待望のFelica機能が搭載されることになったわけですが、これは日本国内で販売されるものに限定。

 

海外製のIphoneにはFelica機能は搭載されません。

 

確かにIphoneでSuicaを使えるようになったのは喜ばしいのですが、ちょっと心配なこともあります。

 

SPONSORED LINK

 

SUICAの加盟店でアップルペイを使えるようになる

 

日本国内で販売される「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「Apple Watch Series 2」にfelica機能が搭載され、SUICAがアップルペイに対応しました。

 

これにより、駅やSuicaの加盟店でもアップルペイが使えることになります。

 

その数、日本全国4789の駅、およそ3万台のバス、約36万の店舗ですから相当の数で、利便性はかなり上がります。

 

なお、アップルペイはSuicaだけでなく多くのクレジットカードを決済用として選ぶこともできます。

 

SUICAがiphoneで使えるようになったこと自体はうれしいのですが、ちょっと心配なこともあります。

 

 

海外製のiphoneにはfelica機能が搭載されない

 

その心配とは、海外製のiphoneにはfelica機能が搭載されないということ。

 

つまり、海外製のSIMフリーのiphone7を購入してもSUICAには対応していない。

 

海外のiphoneで搭載されるNFC規格が日本のfelicaと異なるから対応しないのです。

 

アップルにすれば、世界標準のNFC規格だけで日本もやれたほうが良かったのですが、余計なコストもかかりますし。

 

ただ、アップルも日本で普及しているfelicaの存在が無視できなかったのでしょうか。

 

「日本、めんどくせー」

 

というアップルの嘆きが聞こえてきそうです。

 

ただ、多くの人からは別に海外のiphoneなんてどうでもいいやん。日本国内のiphoneが対応していればという意見もあるでしょう。

 

確かにそうなんですが、こんな問題もあるような。

 

 

海外の人はapple payを使えないことも

 

Felica機能が搭載していないiphoneでアップルペイを使うためには、お店にアップルペイ用のリーダーが設置されていることが必要です。

 

今回iphone7がfelicaを搭載したことにより、全国のsuica加盟店でアップルペイを使えるようになります。

 

ただし、日本製のiphone7やiphone7 plusに限りますが。

 

海外製は使えないため、こんなことが起こらないと心配しています。

 

ある店舗で列の前の日本人がiphoneで決済をした。

 

それを見た外国人が、apple payが使えると思って、iphoneをタッチしてみたけど精算してくれない。

 

外国人は何だかよくわからない。

 

店員もシステムを理解していない人もいるだろうし、よくわからない。英語で説明もできない。

 

途方にくれる外国人。

 

「日本、めんどくせー」

 

と心の中でつぶやいているかもしれません。

 

アップルペイがどれだけ世界で普及するかにもよりますが、こんな光景があるかもしれません。

 

 アップルペイ用のリーダも同時に導入が進めば問題がないのですが、お店側からするとFelica対応したことで従来のリーダーでいけるわけだし。

 

いっそのことsuicaはこれで良いかも。セキュリティ的にもチャージの上限もあるし。

 


 

それよりも、アップルペイのリーダーが小さいお店まで普及したほうが良いかな。

 

キャッシュレス化が進展しないのではという懸念

 

外国人や外国製のiphoneがらみの問題よりも、個人的に心配なのは日本のキャッシュレス化が今後もあまり進まないのではということ。

 

私は、とにかくなんでもクレジット決済や電子マネー決済をします。

 

時には、電子マネーが使えるからこのお店で食べようとか、電子マネーが使えないからこのお店で買うのはやめようという決断をすることもあります。

 

日本全国、小さなお店でもキャッシュレス化が進むことを望んでいました。

 

アップルペイやグーグルのアンドロイドペイの登場によって、お店の導入のハードルも下がりキャッシュレス化が進む期待をしていました。

 

しかし、felicaを搭載したことで従来のおサイフケータイや電子マネーとの違いがよくわからないという経営者もいるでしょう。

 

そうなれば、キャッシュレス化に消極的なお店などでは、相変わらずニコニコ現金払オンリーというのが日常になるのかも。

 

アップルペイやアンドロイドペイによるキャッシュレス化のメリットもわからないままに。

 

キャッシュレス化がこのまま進まなければ、外国人からも

 

「日本、めんどくせー」

 

という声が大きくなりそうです。