読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

豪栄道の初優勝で来場所横綱昇進もある? 大関昇進後散々だった成績が一変

SPONSORED LINK

f:id:oraise:20150921131434p:plain

大関豪栄道が快進撃を続けています。

 

初日から無傷の11連勝で、現在のところ星2つの差で横綱日馬富士や関脇高安らが追っています。

 

今場所は、稀勢の里の綱取りがかかった場所であり、注目されていたのですが豪栄道にあえなく敗退し3敗目。

 

今場所での綱取りは絶望的になりました。

 

稀勢の里のこのような結果以上に驚きなのが、豪栄道のまさかの快進撃。

 

今場所は、横綱白鵬が休場しているとはいえ、思わぬ伏兵が現れたという感じです。

 

大関なのに伏兵とは失礼なのですが、大関になってからの豪栄道の成績を見る限りは、とても今回の快進撃は予想ができませんでした。

 

このまま豪栄道が初優勝を飾り、来場所も優勝をすればまさかの横綱昇進もあるのでしょうか?

 

SPONSORED LINK

 

豪栄道の大関になってからの惨めな成績

 

豪栄道は「ハチナナ大関」の典型ともいわれています。

 

ハチナナ大関とは、成績が8勝7敗つまりかろうじて勝ち越す程度の成績しか残せない弱い大関をさします。

 

豪栄道が大関に昇進したのが2014年7月。その後の成績は以下のように大関にはふさわしくない成績が続きました。

 

2014年

  • 秋場所 8勝7敗
  • 九州場所 5勝10敗 負け越し



2015年

  • 初場所 8勝7敗 カド番脱出
  • 春場所 8勝7敗
  • 夏場所 8勝6敗1休
  • 名古屋場所 9勝6敗
  • 秋場所 7勝8敗 負け越し
  • 九州場所 8勝7敗 千秋楽でカド番脱出



2016年

  • 初場所 4勝11敗 負け越し
  • 春場所 12勝3敗
  • 夏場所 9勝6敗
  • 名古屋場所 7勝8敗 負け越し

 

大関在位12場所ですが、すでに4度の負け越し^^;

 

しかも10敗以上が2度もあるので、印象が悪いです。

 

なんとかカド番は脱出したものの、千秋楽でなんとかという場面もありヒヤヒヤの連続でした。

 

今場所も4度目のカド番であまり期待も大きくありませんでした。

 

優勝争いに加わるかというよりも、なんとか大関にとどまることができるかどうかというのが多くの相撲ファンの見方だったでしょう。

 

 

関脇の在位が長かった豪栄道

 

豪栄道は大関になる前は、14場所連続で関脇に連続在位という成績を残しています。これは歴代3位タイの立派な成績です。

大関になる前の関脇時代は、1度7勝8敗で負け越しした以外は、ずっと勝ち越してきたわけです。

これはとても立派ですね。大関になって14場所で4度のカド番が信じられないような成績です。

この頃の豪栄道の成績なら、大関から横綱なんて道も想像がつきやすかったのですが、最近の悪い成績で、とてもそのような雰囲気はありませんでしたね。

 

大関になってからは、琴奨菊が初優勝を綱取りに挑戦したり、今場所の稀勢の里のように白鵬も休場し、いよいよ日本人横綱誕生かという機運も高まり注目をさらわれる場面ばかりでした。

 

ただ、今年の春場所は豪栄道“もしや”の期待を抱かせてくれました。

 

 

今年の春場所は地元で優勝争いを演じる

 

豪栄道は大阪府寝屋川市出身。春場所は大阪で開かれますが、今年は快進撃を見せています。

 

11日目終了時点で10勝1敗で白鵬と稀勢の里に並んでトップ。

 

星取りは今場所と似ていますね。

 

ただ、12日目の白鵬との直接対決で、あえなく敗退。結局初優勝は幻に終わりました。

 

実は豪栄道、白鵬との相口が悪く苦手としています。

 

その対戦成績は、なんと6勝33敗(・.・;)

 

こりゃひどい。

 

今場所は、天敵である白鵬が休場。“鬼のいぬ間に”ではないですが、豪栄道も今場所をチャンスと見たのかもしれません。

 

 

今場所優勝して来場所も優勝なら横綱は?

 

豪栄道の今後の取り組み次第ですが、13日目には初優勝を飾る可能性があります。

 

無事優勝したとすると、次に注目が集まるのは、綱取りです。

 


 

稀勢の里や琴奨菊に綱取りの期待が集まっていただけに、ようやく豪栄道が主役に躍り出ることになります。

 

ただ、見方によっては大関在位14場所で4度のカド番というのはどうなのでしょうか?

 

4勝しかできなかった場所もありますし、これらの悪い成績が横綱昇進に影響がしないのでしょうか?

 

この点、横綱審議委員会の守屋秀繁委員長は、報知スポーツの記事内で次のように語っています。

 

「鶴竜も日馬富士も2場所トントンと勝った(ので横綱になった)。その前の場所は不問」 

 

つまり、2場所連続優勝を飾れば、横綱に昇進することを示唆しているわけです。

 

まあ、相撲協会からすれば、なんとしても日本人横綱を誕生させたいですからね。

 

ただ、豪栄道の成績を見ると、横綱に昇進すると、ちょっと心配ですね。

 

横綱で10敗なんて無様な格好は見せれませんから。

 

いづれにしろ、今場所優勝しない限りその先はありません。

 

今場所初優勝を飾り、来場所の綱取りへとつなげてほしいですね。白鵬が来場所も休場してくれないかな。