読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

USJにマリオパークが登場 規模を過去のアトラクションの投資額と比べて予想してみた

SPONSORED LINK

f:id:oraise:20160305115412p:plain

 

 

USJが任天堂と提携がすでに発表されてずいぶんたちます。しかし、その規模などの詳細はまだでしたが、ようやくその全貌が明らかになりつつあります。


任天堂との提携で登場する新アトラクションの投資額はなんと400億円!予想よりもはるかに大きな投資額で何ができるのかワクワクです。オープンは平成32年までを目指すということ。つまり2020年の東京オリンピックまでに開業を目指すわけです。新しい訪日外国人を引き寄せるアトラクションになりそうですね。


今回は話題のUSJの任天堂との提携で新登場する新アトラクションについて、過去のアトラクションの投資額と比べてワクワクしながらいろいろ調べてみました。

 

 

SPONSORED LINK

 

USJにマリオが登場

 

任天堂の提携でどんな新アトラクションができるかは、いろいろ憶測がありました。中でも人気ナンバーワンのキャラクター「マリオ」がテーマになることでファンも大喜びです。

 

 

 

新アトラクションの場所は、正面ゲート向かって左側に作る予定で、以前ニュースであったように従業員のためのバックヤードを活用するということでしょうか。投資額ですが、400億円規模とかなりの額です。

 

この投資額がどれだけ大きいかというと、ハリポッターのエリアの投資額が約450億円ですから、かなりものだと予想できますね。建設費は以前よりかなり高騰しているので、同規模まではいかないかなと思いますが。

 

 

USJ過去のアトラクションの投資額

 

次にUSJの過去のアトラクションの投資額をみていきましょう。投資額でどの程度のものができるのかなという予想はできますからね。

 

  • スパイダーマン・ザ・ライド 約140億円
  • ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド 約50億円
  • スペース・ファンタジー・ザ・ランド 約50億円


開業から新しくできたアトラクションはこんな感じです。スパイダーマン・ザ・ライドはアメリカから輸入をしたのでかなり割高です。しかし、ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドやスペース・ファンタジー・ザ・ランドは日本の自社で開発をしたのでかなり割安にできています。

 

任天堂との提携で登場する新アトラクションも日本で開発するので、輸入よりは若干コストが下げられるのかなと思います。ただ任天堂のライセンス料金などは高そうですがね。

 

ちなみにUSJ開業時の投資額は総額約1,800億円になります。ハリポタエリアとマリオパーク(勝手に仮称)でその半分ぐらいの投資額ですから、この2つだけで第2パークを作ったぐらいのインパクトがありますね。

 

ちなみにディズニーシーの総工費が3,300億円程度です。ディズニーはアトラクションの投資額が高めのような気がします。例えばタワー・オブ・テラーでも投資額が約210億円ですから割高さを感じます。やはりディズニーブランドでライセンス料などが高額なのでしょうか。

 

 

マリオパークはどんなものができる? みんなの希望・予想は?

 

任天堂の新アトラクションの投資額やできる場所などが明らかになりましたが、今後の興味はどんなものができるかですね。マスコミの予想では、複数のアトラクションに飲食店やグッズ店などを融合したエリアになる可能性が高いとの報道があります。

 

確かに任天堂のキャラクターとコラボした飲食店は登場しそうです。すでにワンピースサンジのレストランが人気になっているぐらいですから。グッズもかなり力を入れるでしょう。USJの収益にかなり貢献してくれまし、最近低迷の任天堂にとっても収益性の改善に貢献できますからね。

 

新アトラクションはどんなものができるのか?おそらくですが屋外型ではなく、マリオなどの映像を使った屋内型のアトラクションができるのではないかと予想できます。立地もそれほど余裕がありませんし、それほど大きなものは作れませんからね。

 

マリオ以外のキャラクターも使うのかも気になるところです。また、ゲームはいろいろありますが、どのゲームをテーマに新アトラクションを開発するかは興味ぶかい点です。ファンの間からもいろいろな要望が出ています。

 

 

 

マリオカートはさすがにちょっと難しいかな?

 

 

先日USJは、沖縄の新パーク建設を凍結するような報道もありました。大阪の巨額投資を沖縄より優先したという感じです。

 

USJのカリスマヒットメーカーの森岡氏はかねてより、USJは最高水準のものしか作らないと公言しています。今回の任天堂の新アトラクションもエリアはそれほど広くないもののファンを十分に魅了するに違いありません。