読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

カフェインとりすぎに注意! エナジードリンク危険がたくさん 中毒死もある!

SPONSORED LINK

f:id:oraise:20151222162642j:plain

 

 

今日はショッキングなニュースが流れてきました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

疲れたり、眠たい時に飲む「エナジードリンク」と呼ばれるカフェイン入り清涼飲料水を長期にわたって頻繁に飲んでいた九州の20代の男性が、カフェイン中毒で死亡していたとうニュース。


福岡大学法医学教室の分析によると、死亡した男性はカフェインの錠剤も飲んでいたが、飲料の大量摂取が中毒の主な原因としている。


このニュース日頃からエナジードリンクをよく飲む人にとっては、吃驚のニュースですよね。

 

 

今回は、エナジードリンクの頻繁に飲むことで起こりうる中毒やその他の危険性についていろいろ調べてみました。

 

 

SPONSORED LINK

 

エナジードリンク常用で中毒死

 

今回のニュースは若い20代の男性が、深夜から早朝に勤務その翌日もたいして眠ることなく眠気覚ましにエナジードリンクとカフェインの錠剤を常用していという事例。

 

 

男性は急死したのですがその死因が、調査の結果エナジードリンクの飲みすぎによるカフェイン中毒ですから怖いですよね。


エナジードリンク常用による中毒死は、これまで国内では例がなく、今回が初めて。


しかし、アメリカでは14歳の少女がエナジードリンクを飲んだ後に死亡したという事故もあり、他にも十数件の死亡例があります。

 

今後は特に若年層にはエナジードリンクの飲みすぎによるカフェインの取りすぎに注意をしなければならないですね。

 

 

カフェイン摂取量の許容できる目安は?

 

カフェインの取りすぎに注意といっても、カフェインの摂取許容量はどれくらいなのでしょうか?

 

カフェインの許容摂取量は、個人差はあるものの健康な成人で1日コーヒーをマグカップで3杯分くらいといわれています。

 

この基準は海外のもので、実は国内には明確な基準はありません。ただし参考にはなるので、この基準の具体的な数値をご紹介します。

 

1日当たりコーヒーマグカップ3杯分のカフェインというと約400㎎。国内のエナジードリンクですと最大で200㎎ぐらい。海外のものですともっとカフェインが含まれるものもあります。

 

ちなみに妊婦ですと、1日当たり200~300ミリグラム(コーヒーマグカップ2杯分)になり、4~6歳の子どもで同45ミリグラム(355ミリリットルのコーラ飲料1缶分)という数値になります。

 

若年層になるほど許与量が少ないのがわかると思います。そのため成人でも若い人や未成年なら1日当たりのカフェイン摂取量は気をつけなければならないですね。

今回の中毒死も若い人がその犠牲になったわけですから。

 

カフェインは嗜好品ですから依存症にもなるので、特に若い人のカフェインの常用には注意が必要です。

 

 

実は危険がたくさんのエナジードリンク

 

エナジードリンクの飲みすぎによるカフェイン中毒の事例について説明しましたが、実はエナジードリンクにはまだまだ危険なことがあります。

 

 

まずは糖分です。エナジードリンクに多くの糖分が含まれています。糖分をたくさん摂ると糖尿病のリスクが高まります。糖尿病は最悪死亡もあり得る重大な病気なのです。

 

病気以外にも糖分の摂りすぎは、肥満の原因にもなります。ダイエット中なら、エナジードリンクの飲みすぎには注意しなければなりません。

 

エナジードリンクにはアルコールが含まれているものもあります。このアルコールとカフェインを一緒に摂るとその危険性が高まるといわれています。

 

お酒が弱い人でも、習慣的に飲むようにするとそれなりに飲めるようになりますよね。これはアルコールには“耐性”があるからです。カフェインにも同様に耐性があります。

言ってみれば“慣れ”みたいなものです。

 

アルコールとカフェインを一緒に摂取すると、カフェイン単独あるいはアルコール単独を摂取するよりも、さらに耐性を強めることになります。

 

つまり、本来の許与量よりも耐性によって摂ることができてしまうのです。結果乱用につながり健康を害する危険性があるわけです。

 

また商品によっては保存料や着色料をはじめとした食品添加物を使用しています。食品添加物の摂取については、少量なら大丈夫という考えも根深いです。

 

しかし、エナジードリンクのようなカフェインが入ったものは、嗜好品ですから依存症になる可能性もあります。

 

今回の死亡事故のように眠気覚ましとして利用するという理由があればなおさらです。依存症になり、毎日毎日エナジードリンクを飲んでいれば、カフェインの摂りすぎはもちろんのこと食品添加物も1回分が微量であっても蓄積されればたくさんの食品添加物を摂ったことにもなります。

 

いかがでしょうか?エナジードリンクの危険性についてはカフェイン中毒、糖分の摂りすぎ、食品添加物の摂りすぎなどが考えれます。

 

日頃忙しくて眠気覚ましや疲労回復にエナジードリンクに頼りたいのはよくわかりますが、飲みすぎにはくれぐれも注意をしたいものですね。