読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

日傘さす女性は日本だけ!? 海外の人からも不思議がられたり迷惑と思われるかも

SPONSORED LINK

f:id:oraise:20160724132502j:plain

 

紫外線が強い季節は日傘が手放せないという女性は多いでしょう。しかし、日本にたくさんの外国人観光客が訪れていますが、あまり日傘をさしている人は見かけません。

 

どうも日傘をさす女性は日本だけという傾向があるようです。

 

お肌のケアにとっては大事なことはわかるのですが、多くの男は日傘をささないためちょっと迷惑だなと思う人も少なくないでしょう。

 

「雨の日はみんな傘をさすでしょう」なんて、意見も聞こえてきそうですが。もしかして当の本人たちは、みんながささない雨の日よりは邪魔になっていないなんて気があるかもしれません。

 

日傘はそれほど大きくもないですし。

 

ただ、人間って自分がやっていないものに対して、反発をするものです。例えば、電車の乗車時に列を作っていたのに、横入りしてくるような行動は、「自分はちゃんと並んでいるのに」という怒りのようなものが沸き立つものです。

 

雨の日の傘の場合は、「お互い様」と思えるので日傘との大きな違いでしょう。

 

だから、日傘の場合は、自分がさしていないのに、「そんな堂々と」という意識が出てくるのではないでしょうか。

 

日傘ですが、男性だけがささないわけではありません。海外ではどうも日傘をさすという女性もほとんどいないようなのです。

 

となると、もしかしてその日傘、日傘をささない人からすると、不思議がられるのはもちろん、迷惑だなと思われているかもしれません。

 

SPONSORED LINK

 

海外の女性は日傘を使わないというニュース

 

こちらのニュースでは、訪日外国人旅行者に日傘を使うかどうかを尋ねたところ、ほとんどの人は日傘を使わないという返答があったということです。

www.sankei.com

外国の女性は紫外線について気にしないのかといえば、決してそうではありません。お隣韓国などは、肌がきれいで有名ですが、もちろん多くの女性が意識をしているでしょう。

 

また、東南アジアのタイでは、「色が白いこと」がステイタスにもなっています。男だって色白がモテるというお国柄ですから。

 

白人などは、冬あまり日光を浴びることがないため、夏には好んで日を浴びるというお国柄のような国もあります。

 

ただ、日本の女性だけでなく世界の多くの女性もお肌に関しては敏感です。

 

では、海外の女性は、どのように紫外線対策をしているかというと、日焼け止めクリームが主流のようです。

 

日本の女性も、もちろん日焼け止めクリームを塗るでしょう。日傘をさすことで紫外線対策をバッチリにしているかもしれません。

 

もしかして、クリームは肌に悪いので塗らないなんて人もいるかもしれません。

 

日傘をさすのは、中年女性やお年寄りという国もあるようです。年をとると、紫外線は美容だけでなく健康面でも問題になりますからね。

 

日本の場合は、日傘をさすのは中年女性が主流でしょうが、たくさんの若い女性たちも日傘をさしますからね。

 

それにしても海外の女性と比べて、なぜ日本の女性たちは、これほど日傘をさす人が多いのでしょうかね?

 

 

日傘を迷惑・邪魔と思うとき

 

日傘をさしている人を迷惑、邪魔と思う人はけっこう多いです。特にこんな場面では迷惑がられます。

 

 

一番はなんといってもスポーツ観戦です。今は高校野球の地区予選が開かれていますが、日傘はかなり観戦の邪魔になります。

 

 こちらは神宮球場でしょうかね?保護者の日傘率が高いということなので、学生野球の応援ということなのでしょう。

 

周囲の人が日傘をさしていると、観戦の邪魔になるのはわかると思うのですが^^;

 

多くの人が日傘をさしているので、「私も良いでしょう」という気持ちになっているかもしれません。

 

こちらのニュースでは、日傘をさすNG行為を紹介しています。

www.excite.co.jp

テーマパークやイベントなどでの日傘は、かなり嫌がられます。ショーが前の日傘が邪魔になって見えなかったり、待機列の日傘が他の人に当たったり。

 

東京ディズニーリゾートでもこんな感じのようです。

 

日傘だらけです!

 

暑いし、カンカン照りの日中は誰でも木陰に涼みたいと思うものです。そんな時に日傘をさす気持ちもわかるのですが、他人への配慮がないと争いのタネになります。

 

また、紫外線だけがお肌に悪いものではありません。食べるもによっては美肌の敵になるものもあります。

 

日傘を持っている人がジャンクフードを食べている姿を見ると、「そりゃねーだろう」という気持ちにもなります。