読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

自転車の事故 責任は重い場合もある 現状自己破産しないため保険は必要

SPONSORED LINK

f:id:oraise:20160719130405j:plain

 

自転車を利用する人がますます増えています。エコでちょっとした距離の移動に便利な自転車はとても重宝します。

 

最近では、“スポーツバイク”と呼ばれる高性能な自転車に趣味として乗る人も増え、楽しんでいます。

 

しかし、自転車を乗ることで潜んでいる危険があります。その一番のものが事故です。

 

自転車に乗って、被害者になる場合、加害者になる場合どちらのリスクも高まっています。

 

自転車は歩行者の延長という感じで「自転車は車両」という意識が希薄な人が多い。そのため、事故で思わぬ高額の賠償責任を負う場合もあります。

 

SPONSORED LINK

 

自転車で事故の加害者にならないために

 

自転車に乗っているといろんなリスクが潜んでいます。自分が事故の加害者にならないためには、どうすればよいのでしょうか?

 

交通ルールを守る

事故の加害者にならないためにも、まずは交通ルールを守ることは大事です。

 

例えば自信が信号を無視して交差点に侵入をしたところ、歩行者にぶつかる場合もあるでしょう。

 

また、信号のあるなしに関わらず、交差点は事故の可能性が高いと重い、左右を確認することや減速するぐらいの慎重さが必要です。

 

自転車は車両のため、車やバイクと同じように左側通行が基本です。しかし、ルールを学んでいないためか、多くの人が右側通行、つまり逆走をしています。

 

逆走は、歩行者や自転車などにとって予期せぬ方向から車両が近づくことになります。そのため、それだけ事故の可能性が高まります。

 

歩道を走らず車道を走る

自転車の事故で一番気をつけなければいけないのが、歩行者との接触です。歩行者と接触をしても、自転車は歩行者の延長ぐらいの認識がない人が多いです。

 

しかし、自転車は車両のため、かなりの衝撃を歩行者に与えてしまいます。そのため相手を死亡させることだってあるわけですし、ケガをして重い後遺障害を負わせることもあります。

 

事故の加害者にならないためにも、歩道を走るのではなく車道を走ることが大切です。歩道を走るとそれだけ歩行者と接触する危険性が高まります。

 

ただ、自転車で車道を走るのはちょっと心配ですよね?日本は自転車大国ながら、自転車専用道路など自転車のインフラ整備は非常にお粗末です。

 

たとえお粗末ながら整備されていたとしても、違法駐車などで自転車道がまったく意味のなさないものになっているのも少なくありません。

 

マスコミは、自転車のマナーについてはいつも報道はしますが、自転車のインフラ整備についてはほとんど触れることがありません。

 

自転車を日頃乗る人は、自分の安全のためにも自転車のインフラ整備の不備や自転車道を妨げる車のマナーについて訴えていくことが必要でしょう。

 

 

もしものためにも保険に加入

 

自転車に乗っていると、さまざまな事故の可能性があります。特に現在は自転車のためのインフラ整備がほとんど進んでいないような状況です。

 

また、多くの人に、自転車に乗る際のルールが周知されていません。自転車のための教育なんてほとんどされることがないですからね。

 

こんな状況ですから、もしものためにも損害保険への加入は必須でしょう。現在自転車の保険義務化の流れがありますが、義務化など関係なく保険には加入しておきましょう。

 

行政は、保険義務化などに取り組んだりしていますが、そんなことをやる暇があったら以下のことを進めるべきです。

  • 自転車のルールを周知させる(自転車に乗る人だけでなく車やバイクのドライバー等にも)
  • 自転車のインフラ整備

 

自転車を取り巻く環境は、現在非常に厳しいものです。そのため、責任回避のためにも保険の加入は必要です。

 

こちらの記事では、自転車の事故で自己破産をしているケースを紹介しています。

news.livedoor.com

事故は11歳の少年が、60代女性に正面衝突をしてしまい、その女性が寝たきりの生活を余儀なくされ重い後遺障害が残った事例です。

この事故に対して、裁判所は少年の母親の監督不行き届きを理由に、加害者側に9,500万円の損害賠償金の支払いを命じています。

しかし、保険に未加入だったため、賠償金を払うことができず自己破産をしています。

 

今後は、自転車事故で自転車に対する訴訟も増えていくものと思われます。さらに自転車のマナーについては声高に叫ばれても、自転車のインフラ整備についてはマスコミが自発的に声を上げるのはあまり期待できません。

 

自分の身を守るため、また被害者側が十分な損害を補填されるためにも、保険の加入は必要です。

 

保険に加入をしてもしもの場合に備え、しっかり交通ルールを守ることが大事です。さらに自転車のインフラ整備のずさんさも声高に叫ぶべきでしょう。