読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

鳥越俊太郎が民進党の都知事選候補に 学歴・経歴や健康面から考えて適任?

SPONSORED LINK

f:id:oraise:20160511125604j:plain

 

石田純一が野党統一候補になるかと思いきや、出馬を断念し、民進党の候補者選びに注目が集まりました。

 

当初は、元経済産業省の官僚古賀茂明氏が有力でしたが、このほど鳥越俊太郎氏の出馬が決まったようです。

 

鳥越俊太郎氏といえば、マスコミの露出度も高く知名度が高く、与党自民党にとっては強力なライバル候補といえるでしょう。

 

ただ、この知名度重視の選挙ってなんとかならないですかね?

 

知名度ばかりで候補を決めるのではなく、多くの人はいろんな角度から候補者が都知事にふさわしいかどうかを決めているでしょう。

 

では、鳥越俊太郎氏は時期東京都知事として適任なのでしょうか?いろいろ調べてみました。

 

SPONSORED LINK

 

鳥越氏の学歴と政治家としての資質

 

都知事のような政治に携わる人には、特別な資質が必要です。まずは一定の知識。都政のトップですから当然必要な資質です。

 

先の参議院選挙では、自民党の比例区で当選したSPEEDの今井絵理子氏ですが、「沖縄のことはこれから勉強します」と述べたりと、「そもそも政治家としてどうなの?」という感じでした。

 

わかってはいたのですが^^;

 

では、鳥越俊太郎氏はどうなのでしょうか?まずは学歴から見てみましょう。

 

鳥越氏は福岡県の出身、久留米大学附設高等学校を卒業しています。国立のように感じますが、私立高校です。

 

九州の名門高校の一つで多数の著名人を輩出しています。

 

あの堀江貴文も同校出身ですし、孫正義も米国留学のため中退はしたものの同校の出身です。

 

その他にも行列のできる法律相談所でお馴染みの本村弁護士、ジャパネットたかたの社長もコチラの出身です。

 

高校を卒業した鳥越氏は京都大学文学部心理学科に入学、さらに学科を変更して史学科国史学専攻を卒業しています。

 

日本の歴史にを専門として勉強をされてきたようです。こういう学問を勉強する人は、どちらかと言うと保守的な人が多いという印象もあるのですが、鳥越氏は革新政党候補で考え方のバランスはあるのかもしれません。

 

学歴で考えると、政治・経済などの知識は別として、一応多くの人が納得の行くところではないかと思います。

 

 

 経歴は都知事として大丈夫?

 

鳥越氏の政治家としての資質は、むしろ大学を卒業した後の経歴に見られるでしょう。

 

大学卒業後は、毎日新聞社に入社。その後は週刊誌の「サンデー毎日」編集部に異動し、編集長にもなりました。

 

毎日新聞社を1989年に退職した後、テレビ朝日の「ザ・スクープ」の司会を務め、知名度がグッと上がっています。

 

大学卒業後はジャーナリストとして活躍するわけですが、政治的な知識はあるものと思われます。

 

少なくとも「これから勉強します」というものは少ないでしょうね。

 

地方自治にはどれだけの知識があるかはわかりませんが、多くの有権者は鳥越氏の経歴は納得のいくところでしょう。

 

その思想信条は別としてですが。

 

 

一番の問題点は健康面の不安か

 

鳥越氏といえばガンとの闘病生活が有名です。2005年に直腸がんを告白した後、肺や肝臓にもガンが転移しています。

 

実は鳥越氏は、一度民主党の都知事候補して、その擁立を打診されています。時期は2007年の都知事選挙です。

 

2007年といえば石原都知事の3選目です。石原氏の人気がまだまだ高い時期です。

 

この時、鳥越氏はがんによる健康面を不安に立候補を断っています。確かに健康面の不安はあったのは間違いないでしょうが、石原氏に勝つのが難しいという計算もあったかもしれません。

 

都知事は一般的には激務のはずです。

 

ただ、舛添氏の別荘通い、石原氏は登庁は少なく、かなり楽をしていたという報道もありますが^^;

 

健康面で不安がある鳥越氏ですが、都知事の仕事大丈夫?またガンが再発し、都知事を辞任するなんて事態にならないかは、一番の心配かもしれません。

 

石原スタイルなら大丈夫かもしれません。

 

 

与党は分裂選挙

 

与党自民党は、都連が前岩手県知事の増田寛也元総務相の推薦を正式に決めています。知名度や行政手腕はあるのですが、元々地方分権を推進する人ですから賛否は分かれるでしょうか。

 

ただ、東京都も地方自治体なのですから、地方分権は東京都にとってもメリットがあります。

 

そこをよく分かっていない有権者も多いでしょうから、与党のもう一人の候補である小池百合子氏に票が流れる可能性はあります。

 

 

鳥越氏は野党統一候補で調整

 

鳥越氏は、民進党と共産党の野党統一候補して調整をされているようです。

 

共産党の推薦を受けて立候補を表明していた宇都宮健児氏も、柔軟な姿勢を見せているとう報道もあります。

 

鳥越氏が野党統一候補になれば、さらに与党も驚異に感じるでしょう。ただ、最近は社会の右傾化が見られますので、かなり接戦にはなりそうです。

 

美濃部亮吉以来の革新都知事が誕生するかが注目されます。