読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

アベノミクス 海外メディアの評価が悪化 政策は失敗だった?

SPONSORED LINK

f:id:oraise:20160424113107j:plain

 

 

海外からは評価する声が多かったアベノミクスですが、最近は厳しい意見が目立つようになってきました。海外メディアの厳しい評価も仕方ありません。なぜなら、政策の成果が思ったようにあがっていなからです。

 

確かに庶民からすると、物価は上がっている実感はあるものの、給与は上がらないですからね。さらに増税や年金などの社会保険の負担が増え、ますます生活は苦しくなっています。

 

今回は、海外メディアからも厳しい論調が目立ってきた「アベノミクス」について、政策は失敗だったかどうかについていろいろ調べてみました。

 

SPONSORED LINK

 

アベノミクスの基本政策「3本の矢」

 

アベノミクスは、「3本の矢」という基本政策からなるといわれています。

 

第1の矢が、「異次元緩和」という大胆な金融政策

 

第2の矢が、公共事業拡大による「国土強靱化」

 

第3の矢が、成長戦略

 

 

この3本の矢ですが、まず第1の矢については、一応評価されるほどの成果はあったと思います。一時は円安にも誘導でき、輸出企業が多い日本経済も上向き、株価も跳ね上がりました。

 

この結果、資金がある人は大きくその財産を増やした人もいます。一方持たざるものは、その恩恵には恵まれず、貧富の差が拡大しているのは最近の“消費の二極化”が物語っています

 

一応円安に進み、株価も上がった大きな要因の第1の矢ですが、最近は円安から一転して円高へ向かおうとしています。株価も海外経済の悪化という要因もありますが、最近は低迷の状態から抜け出すことはできません。

 

 

第2の矢は自民党の得意分野

 

第2の矢の公共投資の拡大は、もう自民党の得意分野です。これをやりたくて政治家やっている人もいるぐらいですから。

 

公共投資は、確かにある程度の経済効果はありますが、問題は日本はあまりお金がないことです。国の借金は膨大ですから、公共投資はしたけれど経済効果がさほど上がらなければ、借金だけが増えていきますから。

 

でも、公共投資をやりまくって経済を刺激するなんてことは、もう古い時代の産物で、借金まみれの日本に適した政策ではありません。

 

例えば、最近は鉄道同士の直通運転が増え、渋谷の駅なんてそのおかげでかなり複雑になりました。数分短縮することで莫大なお金が使われています(すべてが税金ではありませんが)。

 

確かに便利になって良い面もありますが、乗り換えなどで歩かなくなる。最近は首都圏近郊でも莫大な資金を注ぎ込み、高速道路の整備が進み、車にどんどん乗るように推奨しているような感じ。

 

平日もあまり歩かず、休日も車で歩かずで運動不足気味。多くの国が、医療費抑制のために、国民をできるだけ運動させようとしている政策を見かけますが、日本は逆のような感じがします。

 

高齢化がますます進み、健康保険や年金の社会保険の負担が増え、医療費も上がれば、生活なんて良くなるわけないいですよね。

 

 

第3の矢は既得権益者からの反発

 

第3の矢の成長戦略、これがもしかして今の日本で一番大事なことかもしれません。大胆な規制緩和をして、経済を発展させるべきですからね。

 

しかし、この第3の矢が一番評価が悪く、ほとんど成果があがっていないような気がします。

 

アベノミクスの指南役とされる経済学者の浜田宏一氏は、アベノミクスの3本の矢の評価についてこんな発言をしたこともありました。

 

第1の矢がA

第2の矢がB

第3の矢がE

 

3つ合わせると“ABE”になります。いろいろ成長戦略として、威勢のよいことは言っていますが、全くと言ってほど成果が上がっていません。その大きな理由が“既得権益”

 

こんな記事もあります。

 

www.nikkeibp.co.jp

 

「教育」に関しては、リーダーが出にくい教育について述べられています。既得権益は、もう日本の大問題で、なんとかココにメスを入れなければならないといけません。

 

記事の中で小宮氏もこのように語っています。

 

 日本の政府は、本来なら衰退していくべき産業や企業を保護して、既得権益を持った人たちが、得るべきではない利益を受け取っている。これが日本の成長を妨げているのではないか

 

既得権益を潰す、大阪維新の会の橋下元代表が行っていた事を、大胆に国でもできれば良いのですがね。橋下元代表も、ある演説の中でアベノミクスについてこのような発言もしています。

 

自民党では本気の改革はできませんよ。既得権から票をもらってるわけですから。

 

海外でも厳しい評価にさらされるアベノミクス ですが、3本の矢それぞれ問題を抱えていますね。第3の矢を強力に推し進めるようになれれば、日本人は真面目で勤勉ですし、V字回復をはかることもできると思うのですが。