読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

月500円未満の格安SIMはスマホをあまり使わに人におすすめ ガラケーとの組み合わせで最強

SPONSORED LINK

f:id:oraise:20160318135154j:plain

 

 

格安SIMの料金競争が激しくなっています。大手キャリアの「一括0円、キャッシュバック廃止」により、格安スマホなどに乗り換えしようかと考えている人も多いはず。

 

お得な格安SIMというと、最近は「0円SIM」も登場し、条件によってはまったく通信量が無料というプランも登場しています。

 

上手く格安SIMなどを活用すれば、今まででは考えられないような、料金でスマホ・携帯ライフを実現することができます。

 

今回は格安SIMについて、特におすすめの500未満のタイプを紹介します。さらにガラケーとの組み合わせなら、通話も含めて快適なスマホ・携帯ライフを実現できることも紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

格安SIM・格安スマホの弱点は通話

 

格安SIMや格安スマホは安いのは良いのですが、残念な点は「通話」です。通話品質が劣るという問題もありのですが、それ以上に無料通話などのかけ放題のプランが少ないのが、電話をよく利用する人にとっては残念な点です。

 

無料通話などのかけ放題のプランがない場合は、通話料が30秒で20円かかってしまうため、かえって携帯料金が高額になってしまう人もいるでしょう。

 

また、一部の格安SIM、例えば楽天モバイルでは、オプション契約によって5分未満の通話が回数無制限で通話できますが、5分未満というのが短いため実用性に少し疑問です。

 

 

格安SIMのデータ通信だけの激安プラン

 

格安SIMは音声通話に少し弱点がありますが、逆に通信だけの場合は激安な価格のプランがあるのでオススメです。

 

例えば、ソネットの「0 SIM」なら、月500MB未満のりようなら通信料金は無料です。ただし、音声通話を利用すると月700円がプラスとなります。

 

0 SIMは、確かにお金がかからない点は良いのですが、500MBを超えると、通信量がかかってしまうため、月々の通信量の管理が面倒です。ほとんどスマホを使わない人にはおすすめですが、それなりに使う人は、かえって料金が割高になる場合もあります。

 

そこでオススメしたいのが、500円を切る価格のプランです。つまり月額のスマホの通信量がワンコインの500円もしないタイプです。

 

 

格安SIMの500円未満のプラン

 

オススメする格安SIMの500円未満のプランですが、この2つ。

 

  • イオンモバイル
  • DMMモバイル

 

どちらとも月額480円で、1GBまでの高速通信を利用することができます。仮に1GBを月の途中で使ってしまったとしても、低速での通信は可能なので、0 SIMと比べて通信量に神経質にならなくても良いのが利点です。

 

※DMMモバイルの月額480円プランは、2016年4月1日~。それまでは590円。

 

ただし、月額480円は通信専用のプランで、音声通話も含むプランであれば、イオンモバイルは1,280円、DMMモバイルは1,260円になります。さらに電話をすれば高額な通話料金がかかるので、利用には注意が必要です。

 

 

ガラケーとの組み合わせで最強に

 

通話に少し問題がある格安SIMですが、ガラケーと組み合わせることで、最強の組み合わせにすることができます。

 

例えば、Yモバイルのガラケー「AQUOS ケータイ」。今なら新規契約でも“一括0円”で扱う店も多くみられます。スマホは一括0円やキャッシュバックが廃止されましたが、ガラケーは対象外なんです。

 

YモバイルのSSプランなら、月額1,010円で持つことができます。Yモバイルの場合は、Yモバイルユーザーやソフトバンクユーザー同士の通話は、1時から21時までは無料になります。ソフトバンクやYモバイルを友達などで使っている人が多ければ通話料を気にしなくてすみますね。

 

さらに、月額1000円のスーパーだれとでも定額のオプションをつければ、無制限で電話がかけ放題になります。

 

まとめると、

 

月額1,010円 + 格安SIM480円 で、ソフトバンク・Yモバイルユーザー1時から21時までは通話無料

 

月額2,010円 + 格安SIM480円 で、月々通話し放題。

 

3,000円もかけずに快適なスマホ・携帯ライフを送ることができます。後は、格安SIMを利用するスマホを購入することと、できるだけ通信量を月に1GBに抑えて、高速で快適な通信を実現することです。公衆無線LANなどを使い、通信量を節約することは十分可能です。