読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

USJフライングダイナソーオープン間近 乗った人の感想は?絶叫マシン苦手でも乗れる?

SPONSORED LINK

f:id:oraise:20160311172309j:plain

 

 

USJの注目の新アトラクション「フライングダイナソー」のオープンがいよいよ間近に迫ってきました。100億円を投じた絶叫アトラクションであるだけに、ファンならずとも注目をしていますね。

 

ソフトオープンに先駆け、抽選による先行体験が実施されています。抽選で選ばれた幸運なファンは、あまり待つこともなくこの新アトラクションを体験しています。羨ましいですね

 

今回は、USJ15周年を飾る新アトラクション「フライングダイナソー」について、乗った人の感想についていろいろ調べてみました。絶叫系マシンが苦手な人でも乗って楽しめるのでしょうか?

 

 

SPONSORED LINK

 

フライングダイナソーはライド搭乗時から絶叫!?

 

普通の絶叫系アトラクションですが、いきなりドカンと落ちる、いわゆる「ファースト・ドロップ」などでは、多くの人が絶叫をします。

 

でも、フライングダイナソーは、ちょっと珍しくいきなり搭乗時から絶叫しています。

 

 

逆さになって、うつ伏せ状態になりますが、「キャーΣ(゚∀゚ノ)ノキャー」という絶叫が響き渡ります。これから、どんな絶叫を味わえるのかのワクワク感もあるのでしょうかね。

 

こっちのツイッターでも叫び声が聞こえます。

 

 

この時点ではそれほど怖くはないでしょうから、こんなに絶叫されると余計に怖くなってきますね。特に絶叫系ライドが苦手な人は。

 

このツイッターでもやっぱり絶叫しています。三重県のナガシマスパーランドにあるフライングコースター「アクロバット」でも、同じような感じで逆さになる瞬間絶叫しています。この時でもやっぱり怖いのかな?

 

 

ただ、「あとは爽快!」という感想ですね。うん?もしかして絶叫系アトラクションが苦手な私でも乗れるかも?

 

 

 

ファーストドロップはあまり絶叫していない!?

 

絶叫系のライドの一番の目玉は、いきなりドカンと急降下する「ファーストドロップ」。高いところまで、ゆっくり登って行く時から恐怖がだんだんと増していきます。そしてドカンです。

 

フライングダイナソーも、体が吊り下げられるフライングコースターとしては、世界最大の高低差を誇ります。そのファーストドロップの落下高度は37.8m。数字だけでも怖くなってきますね。

 

ただ、個人的な感想ですが、こちらの動画では、意外にもファーストドロップは絶叫度合いは小さいのかな?という感じです。

 

 

たまたまかもしれませんが、搭乗時のあの絶叫度合いからすると、ちょっと絶叫度が小さいかなという印象です。

 

こちらの動画ではどうでしょう?

 

 

 やっぱり、搭乗時の逆さになる時は、絶叫していますね。動画の前半でのファーストドロップではさほど絶叫度が高くないかな。それとも単に距離が遠いから、声が小さく聞こえるのかな?

 

動画をさらに見てみると、動画の後半ぐらいに写るファーストドロップでは、やっぱりかなり絶叫しているわ! まあ、怖いには間違いないでしょうが。

 

でも、例えば日本を代表する絶叫マシンのファーストドロップと比べると、その恐怖度はずいぶんとましになるかも。

 

例えば、ナガシマスパーランドのスチールドラゴン。最高部の高度は、なんと97m!!100m近いです。そこからズドンですから。

 

 

 

富士急ハイランドのフジヤマとか。最後部の高度は79m。富士山がきれいですが、見てる余裕がありません。

 

 

 同じく富士急ハイランドの高飛車などは、最後部の高度が43mとそれほどではないものの、傾斜角が121度。直角の90度を超えています(笑)。

 

この傾斜角も怖い要素になるので、高さだけじゃなく角度もですね。真っ逆さまに落ちていくような感じは恐ろしいですよね。


43mといえば、フライングダイナソーと高度は似ていますね。ただ傾斜角は全然違います。フライングダイナソーは逆さになる分怖いと思いますが。

 

 

フライングダイナソーは、日本の絶叫マシンと比べると、ファーストドロップの恐怖度ではいくぶんましかもしれませんね。

 

こんなツイートもありました。

 

 

 

ジェットコースターが苦手な人でも楽しめそうという意見です。あたかも空を飛んでいるような新感覚が気持よいかもしれませんね。絶叫系ライドが苦手な人も思い切って乗ってみるのもいいかもしれません。怖くないという保証はしませんがね。