読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

牛丼の吉野家がTポイントを導入 WAONとの併用ってできる?

SPONSORED LINK

f:id:oraise:20160210160855j:plain

 

 

飲食店のチェーン店の電子マネー導入が続いていますね。さらにポイントカードの導入はファミレスなどを中心に進んでいます。

 

ポイントカードや電子マネーは「使う派」と「使わない派」とはっきり分かれるような傾向があります。しかしポイントカードや電子マネーの使い方が上手な人はしっかりポイントを貯めてお得な生活をしています。

 

今回は、日本人の“国民食”ともいえるお馴染みの牛丼の吉野家がTポイントを導入したニュースについて、すでに吉野家で導入している電子マネーWAONを併用しての使い方についていろいろ調べてみました。

 

また競合する他の牛丼チェーン店の電子マネー導入状況についてもご紹介します。

 

 

SPONSORED LINK

 

吉野家のTポイント導入

 

吉野家が2016年2月15日10時より全国の店舗でTポイントを導入します。Tポイントといえば、レンタルビデオ店で有名な「TSUTAYA」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブが展開するポイントサービスです。

 

ポイントを使える提携店は様々。たとえば「ファミリーマート」や、飲食関連だと、「ガスト」、「バーミヤン」、「ジョナサン」、「ドトール」、「ロッテリア」など有名なチェーン店があります。

 

貯まったポイントは、1ポイント=1円としてTポイントが使えるお店で使えたり、ANAマイルなどと交換することもできます。

 

吉野家では、飲食200円(税込)に対して1ポイント(1円分)を貯めることができます。また貯まったTポインを吉野家で使うこともできます。なお使用は10ポイント単位となります。

 

 

吉野家をさらにお得に! 電子マネーWAONとの併用

 

吉野家は電子マネーのWAONも導入をしています。WAONはイオングループが展開する電子マネーでスーパーのイオンはもちろん、ファミリーマートやラウンドワンなどの提携店の支払いで使用することができます。

 

WAONは利用200円(税込)ごとに1ポイントが貯まります。貯まったポイントはイオンの他提携店で現金と同じような形で使うことができます。

 

すでに賢い人は、ポイントや電子マネーを併用して使っています。併用することでよりポイントが貯まりやすくなり、お得な生活ができるというわけです。

 

たとえば、ファミリーマートへ行って買い物に行くと、「ファミマTカード」などのTポイントが貯まるカードを提示するとまずポイントが貯まります。

 

さらにWAONで支払うことでポイントも貯まります。もっと極めたければ、WAONのチャージをクレジットカードでするとクレジットカードのポイントも貯まります。

 

マンガうんちく吉野家 [ 室井まさね ]

マンガうんちく吉野家 [ 室井まさね ]
価格:1,077円(税込、送料込)

 

同じように吉野家でも会計時に、

 

  • Tポイントで提示でポイントを貯めます。
  • 支払いをWAONにしてワオンのポイントを貯めます。

 

さらにWAONのチャージをクレジットカードでするとポイントを貯まる方法もありますが、特別なカードでしかポイントが貯まらずちょっと上級編になります。

 

ファミリーマートなどでは会計時に「ポイントカードは?」と聞かれます。しかし吉野家では予想では、ポイントカードがあるかどうかの問いかけはされないのではないかと思われます。

 

なぜなら吉野家の伝統は、「早い、安い、旨い」です。早いに関しては、最近はメニューが多角化したので以前よりは遅くなっています。また吉野家の主力顧客である中年男性の中にはそもそも電子マネーやポイントカードについての知識が乏しい人もたくさんいます。

 

そんな状況で、ポイントカードの問いかけをしても、ややこしいだけで伝統の「早い」に支障をきたすかもしれないからです。お得に吉野家を利用するために、忘れずにTポイントの提示をするようにしましょう。支払いはもちろんWAONで。

 

ちなみにTポイントもWAONも200円に1ポイントが貯まるので、

 

  • 牛丼並にみそ汁または玉子をつけて440円
  • カレーの大盛り450円
  • 牛鮭定食ご飯大盛りで610円
  • 牛すき鍋膳並盛630円
  • 牛カルビ定食並盛640円

 

などが効率よくポイントが貯まります。細かいですが(笑)

 

 

他の牛丼チェーン店も電子マネーを導入

 

お得な電子マネーですから多くの人が利用するようになっています。お得だけでなく小銭を多く持ち歩かなくて済むのも良いですよね。小銭で財布がパンパンに膨れるのは嫌じゃないですか?

 

吉野家では電子マネーをWAONを導入していますが、ライバルの牛丼チェーン店も電子マネーが使えるようにシフトしています。

 

まずすき家ですが、一部の店舗を除き交通系電子マネー、iD、楽天Edyで支払うことができます。交通系電子マネーとは、「suica」、「pasmo」、「icoca」など全国の鉄道会社が発売している互換性のある電子マネーです。

 

松屋では、一部の店舗で交通系電子マネーを使えるようになっています。

 

いかがでしょうか?お得なポイント生活を実践するには、吉野家がさらにお得になりました。吉野家自体、お得に外食ができるのでさらにお得度は高くなりますね。