読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

ラグビー日本代表メンバーの経歴は? FB五郎丸のことをもっと知りたい

SPONSORED LINK

f:id:oraise:20151006173736p:plain

 

ラグビー日本代表のメンバーが人気になっていますね。ワールドカップ前まではほとんどマスコミに取り上げることがなかったメンバーが一躍“時の人”のような感じですね。

 

中でも人気はやっぱり五郎丸。

 

キッカーとして大活躍でしたね!キックする時のポーズも有名になりました。ポーズだけでなくキックの正確さが素晴らしいですね。

 

今日はラグビー日本代表の中でもとりわけ人気の高い五郎丸選手の素顔をご紹介します。

 

五郎丸選手はジョーンズヘッドコーチにその才能を買われ、ヘッドコーチの育成によってさらにワールドクラスの選手へと育っていきました。

 

 

 

SPONSORED LINK

 五郎丸は本名?結婚は?

 

“五郎丸”は珍しい名前ですよね。ほとんどの人が初めて聞いた苗字じゃないでしょうか。

 

来年の大河ドラマのタイトルに似てカッコイイですけどね(^^♪

まさに戦う男の名前で。

 

365affairs.hatenablog.com

 

五郎丸はニックネームでもなく本名です。全国でも珍しい名前ですが、九州地方を中心に全国で数百人存在するようです。

 

 

 

五郎丸歩

ポジション FB(フルバック)

所属 ヤマハ発動機ジュビロ

誕生日 1986年3月1日(29歳)

身長 185cm、体重 99kg

代表キャップ数 57

 

 

FBというラグビーでも最後尾で体を張りチームを引っ張る大事なポジションです。大男揃いのラグビー選手の中ではあまり目立ちませんが、185cmで体重が約100㎏ですから一般的にはかなりの大男ですね。

 

五郎丸選手はイケメンなので女性ファンも多いのですが、気になるのは結婚しているかどうかですよね。

 

五郎丸選手のプライベートはあまり表に出ていませんが結婚はしているようです。二宮清純氏によるインタビューで結婚していることがわかりました。

 

二宮ヤマハ発動機は寮の食事も充実しているとか。

五郎丸以前は結婚して寮を出ると、夕食は自宅で食べていたのですが、4年前に清宮克幸監督が就任してから、朝も夜も寮で食事が摂れるようになりました。

柴田五郎丸選手は奥様も非常に勉強熱心でサポートがしっかりしています。家での食事も栄養のバランスがとれていますね。

 

出典 二宮清純のザバス取材記Vol.35|ザバス|株式会社 明治【公式】

 

 五郎丸の出身は?

 

五郎丸選手の出身は福岡県福岡市。高校は佐賀工業で花園で行われる全国大会でも3年連続ベスト8と活躍しました。

 

高校時代に高校日本代表やU17日本代表にも選ばれ、大学ラグビーの名門早稲田大学に進学します。

 

早稲田大学では1年からFBでレギュラーとして活躍します。大学選手権を3度制覇し早稲田大学の黄金時代を支えます。

 

 

 常勝軍団早稲田大学時代の恩師がこの人

 

 

清宮克幸氏。次のラグビー日本代表のヘッドコーチと囁かれています。

 

清宮?といえば最近脚光を浴びていますよね。甲子園で大活躍した「清宮幸太郎」。清宮克幸氏は清宮幸太郎のお父さん。

 

その教え子が五郎丸選手なんですね。

 

大学卒業後はヤマハ発動機ジュビロへ進みます。ジュビロといえばジュビロ磐田としてサッカーで有名ですが、ラグビーは決してトップチームといえる実力ではありませんでした。

 

多くの有力選手が関東や関西のトップリーグの強豪チームに進む中、五郎丸選手はあえて静岡のヤマハ発動機ジュビロを選びます。

 

そのヤマハ発動機ジュビロですが、2011年にはこの人

 

 

清宮克幸氏が監督に就任します。清宮監督の指導や五郎丸選手などの活躍により昨年2014年のシーズンには日本ラグビーフットボール選手権大会初優勝を飾ります。

 

五郎丸の悔し涙

 

五郎丸選手で印象的なのは、日本代表のワールドカップ終了後のインタビューの悔し涙。

 

五郎丸選手は普段はクールであまり感情を表に出しませんが、こみ上げてくるものが我慢できず男泣きしたのが印象的でしたね。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

五郎丸選手の悔し涙といえば高校時代の花園のラグビー大会でもありました。彼のキックの失敗により、チームは一度も負けたことがない東福岡高校に負けてしまいます。

その時に彼は悔しさのあまり男泣きをしています。

 

それ以来五郎丸選手はキックの練習の虫になり、今日の彼のキックの正確さはその時の練習があってからこそといえるでしょう。

 

高校時代に味わった悔しさをまた今回のワールドカップでも味わうわけです。高校時代のように再び前を向き、練習に練習を重ねさらなる進化を五郎丸選手はきっと歩むはずです。

 

今後の五郎丸選手の日本代表、トップリーグでの活躍が楽しみです。