読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

ラグビー日本代表のワールドカップ3勝に称賛 4年後のワールドカップ開催に向けて

SPONSORED LINK

 

f:id:oraise:20150921131434p:plain

 

今朝のアメリカ戦ミスも多く、相手のミスにも助けながら厳しい戦いだったですが勝ちましたね。

 

ただ数年前までの日本とは明らかに違う。ミスで自滅することなくしっかりゲームはコントロールできましたからね。

 

技術、フィットネスに加え精神的にも日本代表がタフになってきたことが実感できました。

 

今大会前までは1度しか勝利したことがない日本代表が今大会では3勝。日本ラグビーの歴史に確かな一歩が築けました。

 

今日は、アメリカ戦を含め今大会の日本の戦いを振り返り、さらに4年後のラグビーワールドカップ日本開催へ向けて目を向けてみます。

 

 

SPONSORED LINK

 

ワールドカップ3勝の意味

 

アメリカ戦に勝ってイングランドワールドカップで3勝をあげた日本代表に地元メディアのBBCは早速称賛の報道です。

 

 

「ティア1(最上位10カ国)ではない国がひとつのW杯で3勝するのは初めて」

 

日本代表が歴史に名を残しましたね。ティア1クラスのチームといえば、南半球の3か国

のニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア。

 

欧州シックスネイションズのイングランド、ウェールズ、アイルランド、スコットランド、フランス、イタリア。

 

南米のアルゼンチン。アイランダーのサモア、フィジー、トンガ。

 

最上位国の南半球3か国と欧州上位国のウェールズ、アイルランド、フランスとはまだ少し差はありますが、このクラスと日本は肩を並べるほど成長をしましたね。すでに日本が実力で優っている国もでてきています。

 

 

 

「ワールドカップの予選プールで3勝を上げながら準々決勝のベスト8に進めなかったのは初めて。運が悪かった。」

 

もし初戦の南アフリカ戦で負けていたなら?

 

今回のワールドカップ結果だけを見ると初戦の南アフリカ戦に勝利したことが、日本が決勝トーナメント進出ができなかったことにつながったといえなくもないです。

 

 

365affairs.hatenablog.com

 

 

予選プールBの実力関係はこんな感じ。

 

f:id:oraise:20151007153121p:plain

 

南アフリカが突出しており、後の4チーム特に米国以外の3チームは実力伯仲状態。南アフリカが1位通過で、残り一枠をどこが奪うかというのが大方の見方でした。

 

そこに日本が南アフリカに歴史的勝利。驚いたのはスコットランド。次戦スコットランドが日本に負けることがあったら、その時点で南アフリカ戦を残しているスコットランドの決勝トーナメント進出は絶望的。

 

スコットランドも相当危機感を持って試合に臨んだはず。そして結果は“おしりに火がついた”状態のスコットランドが快勝。

 

 

365affairs.hatenablog.com

 

スコットランドはその後サモアに辛勝し、なんとか予選プール2位通過で決勝トーナメント進出を果たしました。

 

日本はサモアに快勝しスコットランド、南アフリカと同じく3勝を上げながら、勝ち点差で結局予選プール敗退。

 

スコットランドに負けたことが響きましたね。結果は残念です。

 

しかし、南アフリカ戦を含めた3勝は、

 

 

「雲の上のようなチームだった相手にだって互角に戦える」

 

「実力が伯仲した相手との大事な試合できっちり勝てる」

 

「実力が劣った相手でたとえチームの状態が良くなくてもしっかり勝ちきることができる」

 

 

決勝トーナメント進出以上に日本ラグビー界にとっては貴重でした。

 

 

4年後のワールドカップに向けて

 

野球やサッカーと比べて長年あまりスポットライトが当たらなかったラグビー。今回のワールドカップをきっかけに、ラグビーの人気が高まることが期待されます。

 

日本代表の多くは日本のプロリーグ「トップリーグ」に所属しています。

 

www.top-league.jp

 

今回の世界に衝撃を与えた日本の3勝は、日本のトップリーグへ加入する外国人がより増えていくのではないかと期待します。

 

トップリーグのレベルがどんどん上がれば、

 

試合が面白くなる

 

試合が面白くなれば、

 

観客がたくさん来る

 

観客がたくさん来るような注目の試合は、

 

テレビ中継も増えマスコミも注目をする

 

見る人が増えマスコミに注目されると、

 

ラグビーを目指す子供たちが増えてくる

 

トップリーグの収益も良くなる

 

ラグビー人口が増え、トップリーグの収益も良くなれば、

 

さらに有望な外国人がトップリーグでプレイする

 

ラグビー人口が増え、トップリーグのレベルがより上がれば

 

日本代表はもっと強くなる

 

こんな素晴らしいスパイラルがこれからの4年でもたらされ、今回果たせなかった決勝トーナメント進出。さらに先へと進んで欲しいですね。

 

今回初めてラグビーに興味を持った、感動したという方々は今後もラグビー注目してみてください。