読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nani-Sore 何それ?

最近の気になった出来事や話題をご紹介

野菜ジュースはサラダより栄養がある? 野菜と効果は同じ?

SPONSORED LINK

f:id:oraise:20150909142830j:plain

 

普段からたくさん野菜を食べてますか?

 

野菜は美容にも健康にも良いから、できれば毎日栄養のバランスよくたくさん食べたいものです。

 

でも、仕事などで外食する時は、どうしても野菜が不足しがちになりますよね。疲れて帰ってきた時も、簡単に済ませついつい野菜が少ない食事になってしまいませんか?

 

 

そんな時の強い味方といえば野菜ジュース。

 

野菜ジュースのパッケージには、「○○1日分」とか、「○○を何個使用」なんていかにも健康に良さそうな文字が躍っていたりしますからね。

 

 

でも一部で野菜ジュースはダメという声も聞こえてきます。実際のところはどうなんでしょうか?

 

 

SPONSORED LINK

 

野菜ジュースはβカロテンの吸収率が良い

 

カゴメが行った研究によると、生のニンジンを食べるより野菜・果実ミックスジュースを飲むほうが、βカロテンを効率よく補給できるという結果になったようです。


beauty.yahoo.co.jp

 

理由はニンジンは加熱処理したり、砕いたりするほうが吸収率が高まるから。


だからサラダよりも、野菜ジュースのほうがβカロテン摂れますよってことですね。


βカロテンは強い抗酸化作用があり、老化防止アンチエイジングにも役立ちます。またガンの予防にも良いといわれています。

 

健康だけでなく美容にも良く、動物や植物はβカロテンなどの栄養素で紫外線から身を守っています。つまりβカロテンを摂ることは、人間にとっても日焼けやシミといった紫外線によるトラブルを防止できちゃうわけです。

 

 

トマトジュースは生よりもリコピンを効率的に摂れる

 

野菜ジュースといえば、トマトジュースがメジャーですね。毎日飲んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

味が独特なので飲めないという人もけっこういるようですが、トマトジュースはリコピンが生のトマトよりも効率よく摂れちゃいます。

 

リコピンは美容健康に良く、その抗酸化作用の威力はβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍もあるともいわれています。

そのため紫外線対策や老化の原因である活性酸素の対策にもなる重要な栄養素ですから、毎日しっかりと摂りたい栄養素ですよ。

 

βカロテンやリコピンを効率よく摂取できる野菜ジュースやトマトジュース。これだけだと野菜ジュースはサラダより健康や美容に良いように感じますが、果たしてどうなんでしょう?

 

 

野菜ジュースの糖質は見逃せない

 

野菜ジュースで効率よく栄養が摂れれば最強ですよね?だって料理はしなくて飲むだけ。いつでもどこでも栄養補給できますからね。

 

では野菜ジュースの良くない点はないかというと、糖質の問題があります。

 

野菜ジュースは飲みやすくするために、砂糖などの甘味料を使う場合が多いです。甘味料をそれほど使わなくても果物などを材料として甘味をだし飲みやすくしたりしています。

 

この糖質がちょっと曲者です。最近は糖質オフダイエットが流行ですが、糖質を摂りすぎると肥満の原因にもなります。

 

また健康にも良くなく、血糖値が急上昇すれば糖尿病の原因となったりしますので、摂り過ぎにはとにかく注意をしなければなりません。

 

野菜ジュースは健康に良いからといって、ゴクゴク飲んでいると知らない間に糖質をたくさん摂っていたなんてこともあるので注意をしましょう。

 

野菜ジュースを選ぶなら糖質が少ないものを選ぶか、できれば自分で自家製の野菜ジュースを作るようにしたいです。

 

 

野菜ジュースは塩分も心配

 

野菜ジュースには多くの塩分が含まれている場合があります。

 

塩分の摂りすぎというと高血圧の原因ともいわれていますね。高血圧は「サイレントキラー」といわれています。日本語に訳すと「静かなる殺し屋」恐ろしいですね。

 

f:id:oraise:20150909142831p:plain

 

 

日本人は醤油や味噌などでけっこう塩分と摂りがちですよね。そのためかもしれませんが、高血圧は日本全国で約4000万人ほどいるといわれています。
さらにその予備軍まで含むと5000万人を軽く超え、国民の約2人に1人は高血圧という国民病のような感じなんです。


そこに塩分がたっぷり入った野菜ジュースを飲んだらどうでしょう?健康と思っていても思わぬ落とし穴があります。

野菜ジュースを飲むなら、無塩のものか最低でも減塩のもの。できれば自分で塩分の少ない野菜ジュースを作るのが一番のおすすめです。

 

 

野菜ジュースは産地や残留農薬の不安も

 

野菜ジュースはたしかに身体に良い面もあるのですが、心配なのはどんな野菜を使っているかはわからないということです。

 

まずは野菜の産地です。野菜ジュースのコストを抑えるため国産ではなく中国産などの野菜を使っている場合もあります。

 

さらに残留農薬の問題もあります。自分で料理する場合は、野菜の産地もしっかりと選びますし、野菜をさらにきれいに洗って食べますよね?

 

でも市販の野菜ジュースの場合は、野菜の産地がよくわからなかったり、野菜の洗浄の工程がわかりませんよね。安価の野菜ジュースはコスト削減のため、いろいろ問題点があるかもしれません。

 

 

いかがでしたか?野菜ジュース。野菜ジュースはたしかに良い面もあるのですが、逆に心配な面もあります。やはり何事もできれば自分で作るのが一番です。

野菜ジュースは補助的に摂ることがやはりおススメです。